政界

高齢者の踏み間違いが死亡事故の5% 交通安全白書

2019年6月21日

2019年6月21日、政府は閣議で2019年版・交通安全白書を決定しました。 ◇ 75歳以上の踏み間違えが5.4% 2018年75歳以上の高齢ドライバーによる死亡事故(460件)は、75歳未満に比べて免許人口10万人当た […]

続きを読む

老後の必要資金が3000万円に増加 金融庁が試算

2019年6月18日

今月3日、金融庁が老後2,000万円が必要と試算した問題で、審議会での議論の中で新たに最大3,000万円が必要とする独自の試算を提示していたことが分かりました。 ◇ 修繕費、医療費、介護費用などを加えていなかった 金融庁 […]

続きを読む

高齢者の移動手段、車が5割超 政府 高齢社会白書

2019年6月18日

2019年6月18日、政府は閣議で2019年版の高齢社会白書を決定。ここでは、高齢者の移動手段についてお伝えします。調査期間については、18年11~12月に3,000人に実施し、1,870人から回答を得ています。 ◇ 6 […]

続きを読む

高齢ドライバーに新たな免許制度を創設 政府

2019年6月11日

高齢ドライバーによる重大事故が相次いでいること受け、政府は高齢ドライバー向けの免許制度の創設を、6月下旬に閣議決定する成長戦略に盛り込むことが分かりました。警視庁や国土交通省など関係省庁が検討を進め、本年度内に方向性を出 […]

続きを読む

生活保護受給者、高齢者の単身世帯が増加 厚労省

2019年6月5日

今月5日、厚生労働省は3月に生活保護を受給した世帯が前月より819世帯多い「163万6334世帯」だったことを発表しました。この増加は、昨年11月以来の4カ月ぶりです。 ◇ 高齢者の単身世帯が圧倒的に多い ● 受給世帯の […]

続きを読む

金融庁 人生100年を見据えた資産形成が必要と提言

2019年6月4日

今月3日、金融庁は人生100年時代に伴い、「これまでより長く生きる以上、多くのお金が必要」とした上で、生活水準を維持するには保有資産の運用などの「自助」の取り組みが重要と指摘し、金融資産の不足が生じないための提言を盛り込 […]

続きを読む

認知症予防の数値目標取り下げへ 偏見助長の声に配慮

2019年6月4日

政府は、今月中にまとめる予定だった認知症施策の大綱で、認知症の予防に関する数値目標を取り下げる方針を固めました。その背景には、認知症の人への配慮不足を指摘する関係団体などからの声に配慮したものだということです。4日の自民 […]

続きを読む

70歳までの高齢者雇用確保、企業努力義務 来年法改正

2019年5月16日

5月15日政府は、安倍首相が議長を務める「未来投資会議」で高齢者の就業拡大に向けた方針を示しました。 ◇ 来年の成立を目指す 既に65歳までの雇用確保については、定年の廃止や延長、継続雇用のいずれかを企業に義務付けられて […]

続きを読む