政界

70歳までの高齢者雇用、企業に努力義務課す方針固める

2019年11月27日

2019年11月26日、政府の【全世代型社会保障検討会議】での中間報告で、企業に対し70歳までの高齢者を雇用するよう努力義務を課すことなどを盛り込む方針を固めたということです。 来夏までに最終報告を行う 政府の中間報告に […]

続きを読む

高齢ドライバーの踏み間違い防止装置 国が費用補助

2019年11月27日

政府は、高齢ドライバーのペダルの踏み間違いによる重大事故を防ぐため、経済対策の中で急発進防止装置を購入する費用を補助する方向で調整していることが分かりました。来月以降にも購入対象になる見通しです。 補助金額は詰めの段階 […]

続きを読む

新型車に自動ブレーキ義務化へ 21年度から 政府方針

2019年11月27日

政府は、国内で販売される新車に自動ブレーキ(衝突被害軽減ブレーキ)の取り付けを義務付ける方針を固めました。早ければ2021年度からで、既存の車種への取り付けの義務化はその数年後から義務付ける方向で調整しているということで […]

続きを読む

在職老齢年金の基準が65歳以上は据え置きへ 月47万円

2019年11月26日

11月25日、政府与党は働いて一定収入がある高齢者の年金を減らす【在職老齢年金制度】で、65歳以上が対象となる基準額を47万円以上に据え置く方針を固めました。来年1月に行われる通常国会に関連法案を提出する見通しです。 高 […]

続きを読む

揺れる【在職老齢年金】 月47万円の現状維持が強まる

2019年11月21日

働いて一定収入を得ている高齢者の年金額を減らす【在職老齢年金制度】を巡り、現状維持(月47万円)となる可能性が強まってきました。 当初案、訂正案ともに反対意見が多数 先月9日、厚生労働省は社会保障審議会の年金部会で、現状 […]

続きを読む

高齢者の移動手段 電動車いす普及を支援 経産省

2019年11月18日

2019年11月14日、経済産業省は高齢者向けの電動車いすや電動自転車の普及の促しを政府が支援すべきだとする提言をまとめ、同日開催した有識者会議で【自治体が高齢者向けに貸し出す場合の補助金制度】などを関係省庁と検討する内 […]

続きを読む

要介護認定の有効期間を最長4年に検討 厚生労働省

2019年11月16日

2019年11月14日、社会保障審議会・介護保険部会で、厚労省は高齢者の要介護認定を巡り、有効期間を最長4年(48ヶ月)まで伸ばす方向で調整を進めるよう提案し、委員からは大筋で了承を得たということです。 現場の負担軽減が […]

続きを読む

働く高齢者の年金減額の理由とは 在職老齢年金制度

2019年11月14日

厚生労働省は13日、働いて一定収入がある高齢者の年金を減らす【在職老齢年金制度】で、減額基準を現行より4万円高い月収51万円とする案に訂正しました。当初の案では62万円でしたが、高所得者および富裕層優遇との批判に加え、6 […]

続きを読む