政界

高齢者の再定義を議論 「時代に沿わない」厚労省

2019年10月10日

2019年10月9日より厚生労働省は、社会保障審議会の介護保険部会で、介護保険サービスを受けられる年齢の在り方について議論を始めました。争点となったのは、高齢者の再定義です。 膨張する介護給付費 再定義の背景には、膨張す […]

続きを読む

働く高齢者の月収62万円までは年金減額せず 厚労省

2019年10月7日

厚生労働省は、9日に開かれる社会保障審議会(厚労相の諮問機関)の年金部会で、年金減額の対象や廃止の案を示し、縮小案を軸に年末までに結論を出したのち、2020年の通常国会での法案提出を目指すということです。 年金減額の在職 […]

続きを読む

高所得者の介護負担増へ 月額上限が2~3倍に 厚労省

2019年10月6日

2019年10日5日、厚生労働省は社会保障費抑制のため、主に65歳以上の高所得者を対象に、介護保険サービスを受けた際に上限額を超えた分が払い戻される【高額介護サービス費】の月額上限を引き上げる方針を固めました。 政令改正 […]

続きを読む

老後資金、2000万円報告書の撤回が決定 金融庁

2019年9月25日

2019年9月25日、金融庁の金融審議会(首相などの諮問機関)は総会で、95歳まで生きるには夫婦で約2,000万円の蓄えが必要と試算し批判を浴びた老後資金報告書の撤回を決定しました。 今後、老後の必要な資金額には触れない […]

続きを読む

高齢者の多剤服用に警鐘 平均処方6.5種類 厚労省

2019年7月7日

厚生労働省は6月中旬、在宅療養をしている患者で、平均処方薬剤の種類数が6.5種類とまとめた報告書を発表しました。【多剤服用】に警鐘を鳴らすとともに、高齢者が服用する際に注意すべき薬剤のリストが公表されています。 一般化し […]

続きを読む

高齢者世帯の5割 年金・恩給だけで生活 厚労省調査

2019年7月3日

2019年7月2日、厚生労働省は2018年の国民生活基礎調査の結果を発表しました。年金や恩給をもらっている高齢者世帯で、これらの収入が総所得の100%を占めると答えた割合が51.1%と約半数に上ったことが分かりました。こ […]

続きを読む

詐欺電話の回線を強制的に遮断 首相「卑劣な犯罪」

2019年6月25日

政府は、特殊詐欺に悪用される固定電話の回線を強制的に遮断できる新たな規則を設ける方針です。 警察などの要請で通信会社が利用停止 新たなに設けられる規則では、特殊詐欺に悪用される固定電話について、警察などからの要請を受ける […]

続きを読む

高齢者運転の死亡事故 75歳以上が75歳以下の2倍

2019年6月21日

政府は、今月21日の閣議で、2019年版・交通安全白書を決定しました。 ◇ 80歳以上の死亡事故件数が10代に匹敵 18年に75歳以上の高齢者が起こした死亡事故は460件で、運転免許証を保有する10万人当たりの換算で8. […]

続きを読む