新着記事

酒気帯び運転で衝突事故 75歳男を逮捕 藤沢市

2019年12月7日、神奈川県藤沢市の市道で酒を帯びた状態で運転していたとして、75歳の男が現行犯逮捕されました。 飲酒運転で衝突事故 7日午後8時ごろ、神奈川県藤沢市鵠沼海岸4丁目の市道で、酒を飲んだ状態で軽乗用車を運 […]…

コメントなし

高年齢雇用継続給付が段階的に廃止へ 政府

高年齢雇用継続給付が段階的に廃止へ 政府

2019年12月6日、政府は現役時代と比べて給与などが大幅に下がった60~64歳の高齢者への対策として支給する【高年齢雇用継続給付】を段階的に廃止する方針であることが分かりました。 現在の給付水準を2025年度に60歳に […]

コメントなし

イオンの駐車場で高齢男性の車が13台に衝突 江別

2019年12月6日午後、北海道江別市にあるスーパー【イオン江別店】の駐車場で、80代の男性が運転する車が十数台の車に衝突しました。 ペダルの踏み間違いか 6日午後2時ごろ、北海道江別市幸町のイオン江別店の駐車場で、「立 […]…

コメントなし

高齢者問題について

高齢ドライバーの事故は本当に多いのか?データで検証

高齢ドライバーによる交通事故が社会問題になっている中、「高齢者は運転するな」「高齢者は全員免許返納しろ」といった声や、「高齢者だけが頻繁に事故を起こしている訳ではない」「若年層世代も事故が多い」「高齢者差別だ」といった高

コメントなし

高齢者の同居孤独死が増加 同居者がいても死ぬ訳とは

孤独死という言葉はニュースなどで耳にしたことがあると思いますが、今【同居孤独死】という孤独死が問題となっています。同居孤独死とは、家族などと同居している人がいるにもかかわらず自宅内で孤立状態で死亡する状態を指します。東京

コメントなし

高齢者の1人暮らし現状と問題とは

わが国では、ここ十数年前から少子高齢化や核家族などといった問題を抱えています。この問題が浮上する前の日本では、隣人同士や町内会といった地域住人同士の付き合いが活発に行われていました。しかし、今では地域同士の付き合いが希薄

コメントなし
>>高齢者問題についての記事を読む

高齢者問題の対策

高齢者のインフルエンザ対策 早めのワクチン接種がカギ

今年のインフルエンザは例年より早くに流行し始めたのはご存知でしょうか。2019年9月末時点で【東京・鹿児島、福岡、佐賀、石川、沖縄】などの10都県が流行期に入り、早くもインフルエンザ警報が発令されました。 それから1か月

コメントなし

脳トレと健康的な生活で認知症予防を目指す

私も含めですが「脳は使わないと衰える」といった言葉を一度は耳にしたことがあると思います。筋肉も使わなければ衰える(やせ細る)ように、脳も使わなければ衰えていきます。脳も筋肉と一緒で、日頃から使っていけば(刺激)向上もしく

コメントなし

高齢者の熱中症 症状と対策を紹介

昨年の夏は【災害級の猛暑(5月~9月)】といわれ、全国で熱中症による救急搬送の人数は95,137人、うち約160人が死亡しました。今年も既に熱中症による死者が出ており、今年の夏も油断は出来ません。ここでの記事では、熱中症

コメントなし
>>問題の対策の記事を読む

トピックス

終活とは? 終活の方法、メリットとデメリットを解説

終活と聞けばご存知の方も多いと思いますが、終活の起源は平成21年に週刊朝日で終活に関する連載が行われたことから広まった造語と言われています。そこから終活本や映画・エンディングノートといった物が出回り、人が終わりに向けて準

コメントなし

在職老齢年金制度とは 計算方法などを解説

最近、厚生労働省が在職老齢年金の上限額の見直しをしたことで話題になっていましたが、与党の一部から「高所得者びいき」といった反対意見が多くあり、65歳以上に限り月47万円で維持する方向で強まっています。そもそも「在職老齢年

コメントなし

シニアドライバーズスクールの目的と内容とは

昨今、高齢ドライバーによる重大事故が多発していることを受け、自治体や自動車関連企業などが高齢ドライバーが事故を起こさないようさまざまな対策を講じています。最近でいえば、東京都が70歳以上の高齢ドライバーを対象に急発進防止

コメントなし
>>トピックスの記事を読む