高齢者が安全に使えるおすすめ暖房器具 3選

朝晩の冷え込みが気になり始め、ところによっては木の葉も色づき、そろそろ暖房器具が恋しくなる季節になってきました。

暖房器具といえば石油ストーブ一択だった時代もあったようですが、安全性や煩雑性の観点から今では都心部では見かける機会はほとんどありません。時代を超え、技術もかなり発達し、現代では様々な機能や安全性をを考慮した優秀な暖房器具が多く販売されています。ここでは、高齢者が安全に使える暖房器具を3つ紹介します。

高齢者が使う暖房器具を選ぶポイント

今年は新型コロナとインフルエンザのダブル感染が恐れられえており、家で過ごす機会が多くなると思われます。

そんな中、家で過ごす時間をより快適にと考え、暖房器具の新調を考えている方もいるのではないでしょうか?また、コロナ渦において、今年は実家に帰省しない代わりに、田舎のおじいちゃん・おばあちゃんに暖房器具をプレゼントしようと考えている方もいるかもしれません。

そんな時、考慮しなければならないのは火傷をしない、火事にならないといったような安全性です。ここでは、そんな方々のためにお勧めできる暖房器具を3つのポイントと共にご紹介します。(3つのポイント全てが該当しなければいけないというわけではありません)

ヒータータイプ

・石油ストーブやハロゲンなどで暖めるタイプは、ちょっとした不注意で火傷や火事などのリスクが非常に高まります。特に高齢者の方は、物忘れや認知力の低下によって起きやすいので、そういった危険を回避する意味でもヒータータイプがおすすめです。
・ヒータータイプは、石油ストーブとは違って空気中にある水蒸気を蒸発させて暖めるわけではないので、乾燥対策になります。

操作が簡単

・多くの機能が付いている暖房器具は便利でありますが、高齢者にとっては使いづらくなります。使いたい機能を明確にし、その機能があるシンプルな暖房器具がおすすめです。

安全装置がついてる

・万が一倒してしまった時に、自動で電源が切れる暖房器具は火傷や火事の防止に繋がります。特に高齢者が使う場合は、安全装置が付いている暖房器具を選びましょう。

エムロック:暖話室1000型

株式会社エムロックが出している暖話室1000型は、ほぼ360℃に輻射熱(ふくしゃねつ)が出る遠赤外線のパネルヒーターになっています。また、通常のパネルヒーターだと一方向にしか輻射熱がでませんが、暖話室1000型は360℃全面から出るためとても暖かいのが特長です。他にもいくつかの優れた特長がありますので、それを下記で紹介します。

輻射熱が出る場所の保護柵を触れても熱くない

厳密には全く熱くない訳ではありませんが、柵の表面温度は平均38℃で、柵には植毛加工がされているため熱を持ちにくい構造になっています。そのため、不意に触るくらいでは火傷はしません。また、柵と柵の隙間が4ミリしかないなので、誤って指を入れてしまう心配もありません。

4段階の輻射熱が選べる

250w、500w、750w、1000wと4段階の切り替えがあります。環境に合わせてワット数の切り替えができるため効率よく暖めることができ、電気代の節約になります。目安として、1000wで約6~9畳が暖められ、1時間当たり約5~21円の電気代になっています。

静音性に優れている

製品にはモーター類を一切使用していないため、音もなく静かな暖房器具になっています。就寝中や集中したい時などに最適です。

複雑な操作がない

電源のon/off、ワット数の切り替えだけのシンプルな設計になっているため、高齢者の方でも簡単に操作ができます。また、特別なメンテナンスはいらないため長く使い続けることができます。

【楽天で購入する】

超薄型遠赤外線暖房機 アーバンホット

超薄型遠赤外線暖房機アーバンホットは、上部パネルと前方パネルの2か所から別々に輻射熱が出ます。2か所別々に出るメリットとしては、上部パネルから上に熱を出すことで空気の対流を発生させ、前側は直接体に当たるため、部屋と体を効率よく暖めることができます。また、暖房の適正範囲としては、地域および部屋の断熱性や気密性によって多少は異なりますが、4.5~7畳とされています。

超薄型遠赤外線暖房機アーバンホットの他の優れた機能については、下記の通りです。

ON/OFFタイマーがある

設定した時間に自動的に運転が開始する機能と、停止する機能がついています。寒い朝など、起床する少し前などに開始設定しておくと便利です。

パネルがフロッキー加工で火傷を防止

パネル部分にフロッキー加工を施しているため、触れても火傷の心配が少ないです。また、衣類や紙などが触れてもすぐに燃えることはないため安心です。

安全装置搭載

体が45℃以上傾いた時は、瞬時に電源が切れる安全装置が搭載されています。また、消し忘れ防止タイマー(8時間)機能がついているので、消し忘れをしてしまいそうな高齢者にはおすすめです。

熱が伝わりやすい

遠赤外線なので、熱線が人体に吸収されやすく体の内側から温まりやすいです。また、ニオイや風、動作音がないため快適に過ごせます。

薄型タイプで場所を取らない

7cmと薄型タイプなので、狭い場所でも難なく置くことができます。また、本体にはキャスターが付いているので部屋から部屋への移動がスムーズに行えます。

【楽天で購入する】

足元ヒーター フットウォーマー

こちらのフットウォーマーは、足元を暖める暖房器具になっています。寒い時期になると足先から冷たくなってくる方も多いはずです。このフットウォーマーは、炭素繊維を加熱材料を使用しており、高強度、高弾性、耐腐食、耐高温、耐摩擦など多くの優れた特性を有する先端材料になっています。また、炭素繊維の加熱芯は省電力で、柔軟且つ着心地がよいのが特長です。

接続をすると、5分後には温まり、40~60℃に達すると保温状態になります。こちらの商品の他の特長は下記の通りです。

水洗いが可能

炭素繊維加熱芯を取り出すことで水洗いができます。

滑り止め付き

ソール(裏)部分は、滑りにくく、柔らかく消音タイプで床にも優しいPVC素材の裏底加工がされています。足の裏は滑りにくく、しっかりとしたソールなので足底の汚れは濡らしたタオルなどでささっと拭きとることができます。

【楽天で購入する】

まとめ

いかがでしたでしょうか。
ここでの記事では、火傷や火事にならないよう高齢者が安全に暖をとれる暖房器具についてお伝えしました。この時期になると、消し忘れによって起こる火事や、熱を当てすぎて低温やけどをしてしまうといったケースが多くあります。

しかし、ここで紹介した暖話室1000型エムロック、超薄型遠赤外線暖房機・アーバンホット、足元ヒーター・フットウォーマーはそういった観点からの防止や予防ではとても優秀です。また、省エネでもありますので電気代が気になり、気軽につけられないという方にも大変おすすめですので、ぜひ検討してみてください。